日本医薬品添加剤協会
Safety Data
|  Home | menu |

和名 ステアリン酸ナトリウム
英文名 Sodium Stearate

CAS 822-16-2 (link to ChemIDplus)
別名 Octadecanoic acidsodium salt
収載公定書  薬添規(JPE2018), 外原規(2006), USP/NF(28/23) EP5
用途  基剤,乳化剤


最大使用量
一般外用剤 90mg/g、直腸膣尿道適用 280mg


単回投与毒性 (link to ChemIDplus)

動物種

投与経路

LD50 (mg/kg)

文献

マウス

400

King et al, 1938 1)

ラット

経口

>5 g/kg

Avon Products, 1973 2)

ラット

経口

>10 mL/kg

CTFA, 1975 2)

 

反復投与毒性 (link to TOXLINE)


局所刺激性
ウサギ6匹の皮膚にステアリン酸ナトリウム原液を2閉塞貼付した結果,刺激性指数(PII)は,0.0であり,刺激性はないとみなされた。1) (Avon Products, 1973)

ウサギ6匹にステアリン酸ナトリウム原液を点眼した結果,6例中2例に結膜に壊死性の変化が認められた。投与1234,7日目の刺激性評点は,221231で,中等度の刺激性とみなされたが,投与4日目では無視しうる刺激性と考えられた。1) (Avon Products, 1973)

ヒトにおける知見 (link to HSDB
)


以下については該当文献なし
遺伝毒性
がん原性
生殖発生毒性
その他の毒性

引用文献
1) King H, Lourie EM, Yorke W, Studies in chemotherapy, XIX-further report on new trypanocidal substances, Ann. Trop. Med. Parasitol., 1938; 32: 177-192

2) Final report of the safety assessment of lithium stearate, aluminium disterate, aluminium stearate, aluminium tristearate, ammonium stearate, calcium stearate, magnesium stearate, potassium stearate, sodium stearate, and zinc stearate, J. Am. Coll. Toxicol., 1982; 1: 143-177


メニューへ




 

copyright(C) 2005 日本医薬品添加剤協会 all rights reserved

Japan Pharmaceutical Excipients Council