日本医薬品添加剤協会
Safety Data
|  Home | menu |

和名 ステアリン酸カルシウム
英文名 Calcium Stearate

CAS 1592-23-0 (link to TOXNET DB), (link to JP DB), (link to JPe DB), (link to JAN DB), (link to JANe DB)
別名 カルシウムステアレート
収載公定書 JP(15)  外原規(2006) USP/NF(28/23) EP(5)
用途  滑沢剤,結合剤,光沢化剤,コーティング剤,賦形剤,崩壊剤,流動化剤


最大使用量
経口投与
1169.1mg、舌下適用8mg、歯科外用及び口中用100mg、殺虫剤


単回投与毒性 (link to TOXNET DB)


反復投与毒性 (link to TOXLINE)
モルモット6匹にステアリン酸カルシウム水性卵黄懸濁液を皮膚に連日14日間塗布した。その結果,投与6日目より体重増加抑制が認められた。1) (Tarasenko et al, 1976)

ラットにステアリン酸カルシウム水性卵黄液(0.01mLの卵黄,0.5mLの整理食塩液に50 mgのステアリン酸カルシウム)を2ヵ月間気管内投与を行った。その結果,肺内の血管に重度な病変が認められた。1) (Tarasenko et al, 1976)

ラットにステアリン酸カルシウム水性卵黄液(0.01mLの卵黄,0.5mLの整理食塩液に50 mgのステアリン酸カルシウム)を6ヵ月間気管内投与を行った。その結果,気管周囲硬化,限局性肺胞拡張,小出血巣,着色性集族が認められた。1) (Tarasenko et al, 1976)

ラットにステアリン酸カルシウム水性卵黄液(0.01mLの卵黄,0.5mLの整理食塩液に10 mgのステアリン酸カルシウム)を4及び8ヵ月間気管内投与を行った。その結果,肺に種々の変化がみられ,気管周囲硬化,無気肺胞,気管支拡張が認められた。1) (Tarasenko et al, 1976)


以下については該当文献なし
遺伝毒性
がん原性
生殖発生毒性
局所刺激性
その他の毒性

ヒトにおける知見 (link to HSDB)


引用文献
1) Final report of the safety assessment of lithium stearate, aluminium disterate, aluminium stearate, aluminium tristearate, ammonium stearate, calcium stearate, magnesium stearate, potassium stearate, sodium stearate, and zinc stearate, J. Am. Coll. Toxicol., 1982; 1: 143-177

食品添加物 (link to 評価書
)
   

メニューへ




 

copyright(C) 2005 日本医薬品添加剤協会 all rights reserved

Japan Pharmaceutical Excipients Council