日本医薬品添加剤協会
Safety Data
|  Home | menu |

和名 メチルロザニリン塩化物
英文名  Methylrosanilinium Chloride


CAS 548-62-9  (link to TOXNET DB), (link to JP DB), (link to JPe DB), (link to JAN DB), (link to JANe DB)
別名 
塩化メチルロザニリン  クリスタルバイオレット
収載公定書  JP(15) USP/NF(28/23)
用途 着色剤

最大使用量
一般外用剤 微量



単回投与毒性  (link to TOXNET DB)

反復投与毒性 (link to TOXLINE)

遺伝毒性 (link to CCRIS),  (link to GENE-TOX)

がん原性 (link to CCRIS)

生殖発生毒性  (link to DART)


局所刺激性
塩化メチルロザニリンの皮膚,粘膜に対する作用の検討には,3グループのハートレー系モルモットを用いて,0.1及び0.01%塩化メチルロザニリン軟膏,親水ポロイドを剃毛した皮膚,鼻腔に1日1回2週間継続塗布し光学顕微鏡下に観察したが,傷害性は認められなかった1)


その他の毒性
該当文献なし


ヒトにおける知見 (link to HSDB)


引用文献
1) Ogino J, Murakami Y,Yamada T. Effect of methylrosanilinium chloride to MRSA nasal carriers. Kansenshogaku Zasshi 1992;66:376-81

   

メニューへ




 

copyright(C) 2005 日本医薬品添加剤協会 all rights reserved

Japan Pharmaceutical Excipients Council